忍者ブログ

PROFILE




name:JENOS
age:20代らしい
birthday:December 20th
blood type:A

◆About this BLOG
適当に思ったことを書いてる日記BLOGです。
主に音楽、ゲーム関係。
気分による更新で、とても不定期なのであしからず。
コメント書いて反応くれると喜びますので、よろしくお願いします(*´・ω-)b

以前のBLOG [┼C'est La Vie┼]
Zoomeの動画はコチラ


◆Favorite music
ジャンル問わず色々と聴きます。
詳しくはLast.fmへどうぞ。


◆About Link
基本的にリンクフリーです。
てきとうにどうぞ!
相互リンクは大歓迎です。
コメントかメアドに連絡ください。

バナーはこちら。
┼DAYDREAMER┼

連絡はjenos@hotmail.co.jpへ。

COMMENT

[04/10 It's like U2]
[03/30 きなこもち]
[08/26 もちさん]

iTunes


◆最近聴いた曲 Last.fm PROFILE

CALENDAR

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

LINK

Search this BLOG

QR code

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[L'Arc-en-Ciel] DUNE

突然ですが・・・
もう一度L'Arc-en-Cielのアルバムをレビューし直します!
来年から活動再開という良い機会でもありますので。
前のblogってぶっちゃけ人が全然来ないからあっちに置いといても意味ない気がするしw
レビューを自分で読み返していると、今とは違った意見だったりするのが多いんだよね。
ということでまずは「DUNE」から!!


◆Dune



dune.jpg dune2.jpg

DUNE
L'Arc-en-Ciel
1993.4.27 (再発版 2004.4.21)


インディーズ時代唯一のアルバム「DUNE」
DUNEとは英語で"砂丘"を意味する。
ラルクの伝説はここから始まった。
線の細い繊細なサウンド、全体的に暗いが重々しさは感じないのが特徴。
hydeの歌い方はとても優しく、どこか妖しささえも感じる。
詞の一人称も今と違って「私」を使っている。
今聴いても1993年の音楽には感じない。

このアルバムを聴く上での難点は、何よりキャッチーさが足りないこと!!
全盛期以降のファンは苦手な人が多いんじゃないかと思う。
「the Fourth Avenue Cafe」でラルクの存在を知り
アルバムの「HEART」からファンになったオレも最初はとても聴きづらかった・・・。
でもよく聴いてみると曲が覚えにくいだけでメロディは綺麗めなのが多い。
サウンドも華麗な繊細さに注目して耳を傾けてみると、割りと自然と聴けたりする。
もし苦手であまり聴けてない人がいたら、この記事を機会にもう一度聴いてみて欲しい。


 

◆全曲レビュー

01. Shutting from the sky ★★★★☆
作詞:hyde 作曲・編曲:L'Arc-en-Ciel
イントロのギターが好き。
全体的に雰囲気が何かラルク!という感じがする。
もう既にこの"ラルクサウンド"が出来上がっていたんだね。

02. Voice ★★★★☆
作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L'Arc-en-Ciel
明るいキラキラしたイントロで引き込まれる。
アルバム内ではかなりキャッチーな楽曲で聴きやすい。

03. Taste of love ★★☆☆☆
作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L'Arc-en-Ciel
暗いが妖しさが光る楽曲である。
ベースが印象的。

04. Entichers ★★★☆☆
作詞・作曲:hyde 編曲:L'Arc-en-Ciel
アルバムの他の楽曲とは少し違う世界。
ミステリアスな雰囲気を感じる。

05. Floods of tears ★★★☆☆
作詞:hyde 作曲:tetsu 編曲:L'Arc-en-Ciel
明るさのある楽曲。
アルバムの中じゃ聴きやすい楽曲に入る。

06. Dune ★★★★☆
作詞:hyde 作曲:tetsu 編曲:L'Arc-en-Ciel
動画の楽曲。
イントロがマジでカッコいい。
ガラスの割れる音とか!
この完成度はすごいと思う。

07. Be destined ★★★★☆
作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L'Arc-en-Ciel
ダークなラルクの原点だろうか。
この恐怖をあおる雰囲気がたまらない。

08. 追憶の情景 ★★☆☆☆
作詞:hyde 作曲・編曲:L'Arc-en-Ciel
インパクトはないが繊細な仕上がり。

09. As if in a dream ★★★★☆
作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L'Arc-en-Ciel
イントロのギターが印象的。
初期らしい楽曲といえる。
GLAYのTAKUROも絶賛した曲である。

10. 失われた眺め ★★☆☆☆
作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L'Arc-en-Ciel
ほぼピアノとVoだけ。
初期はこういうタイプの曲もやってたんだねー。

------------------再発版ボーナストラック----------------------

11.Floods of tears(single version)
作詞:hyde 作曲:tetsu 編曲:L'Arc-en-Ciel
version違いにより省略。

12.夜想花 ★★☆☆☆
作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L'Arc-en-Ciel
メロディは綺麗なんだけど・・・終始ドロドロしてて暗い、ひたすら暗い。
よくシングルで出したなぁと思う。
「Floods of tears」と両A面で1000枚限定で発売された。
「DUNE」の再発版が出るまでは、その入手難易度から"幻のシングル"と言われていた。

13.予感 ★★★★☆
作詞:hyde 作曲:ken 編曲:L'Arc-en-Ciel
春らしく爽やか。
初期らしいサウンド。
キャッチーさがあって聴きやすい。
元々は音楽雑誌「SHOXX」に付録としてついてた楽曲。


◆総合 ★★★☆☆
PR


Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form